美容

2014.08.09 UP

自然のパワー”ファイトケミカルが日焼け対策とダイエットに効く

LINEで送る
Share on Facebook

577ef2d0d90725b5c2b0ae695706aa2b

夏、照りつける太陽。そして、嗚呼、あらわになる体のライン!  

女性の“夏の永遠のテーマ”ともいえる日焼け対策とダイエット。実は、どちらにもひと役買うものがあるんです! ではでは、さっそくご紹介しちゃいます。

 

“自然のパワー”を味方に!ナチュラルな物質「ファイトケミカル」

3a70fdc22bbf88bdcf1576cfa6b7ef7c

夏の強い日差し、紫外線から身を守るには、動物であれば日陰に隠れる、さらに人間であれば日焼け止めクリームを塗るなどできますが、常に野ざらしにされている野菜や果物などの植物はいったい……?

 

どうしているのかというと、野菜や果物は、紫外線や虫などの外敵から身を守る「防具」を持っているんですね! 「ファイトケミカル」という、色素やにおい、アク、辛み、苦みの成分です。栄養素でいえばリコピンなどで、ひとつの野菜や果物に数十~数百種類が存在しているといわれています。

そうです、この“自然のパワー”ファイトケミカルが日焼け対策とダイエットに力を貸してくれるんです!

 

日焼け対策やダイエットをはばむ「活性酸素」とは?

256dec5e865f5f2e5a915a479f9bb4e2

皮膚に紫外線を浴びると「活性酸素」が発生し、日焼け、シミやシワなどができる原因へとつながります。

活性酸素は紫外線のほかにも、たばこやお酒、糖分、農薬、添加物、ストレスなどさまざまな物により発生してしまうのですが、ダイエットにも関係があります。活性酸素が増えすぎると血がドロドロになり、代謝が悪化すると痩せにくい体質になることも。

 

私たちは体内で「抗酸化酵素」という、活性酸素を退治すべく物質を合成できますが、量的には不十分といわれており、助太刀してくれるものがファイトケミカルとなるわけです!

 

ファイトケミカルが豊かな食べ物って?

366b1017b3a105bce8481cacc71df3d5

ファイトケミカルが豊富に含まれている食べ物はずばり「季節」の野菜や果物

その季節に太陽の光をたくさん浴びているものほどファイトケミカルが強いといわれており、夏であれば、トマトやスイカ(リコピン)、赤パプリカ、赤ピーマン(カプサイシン)、黄パプリカ、トウモロコシ(ゼアキサンチン)、ナス、ブルーベリー(アントシアニン)などがあげられます。

 

いかがでしたか?

日光がおおいに降りそそぐ夏の野菜や果物は、まさにファイトケミカルの宝庫!

もちろん、食べるだけで魔法のようにすべてを解決するものではありませんが、おいしくいただき、日焼け対策に、ダイエットに“自然のパワー”を味方につけたいものですね。

Photo by Pinterest

銀子

銀子

(JOPHダイエットアドバイザー/ライター/会社員)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ