美容

2013.10.03 UP

旬の男をいただくかの如く食す!ダイエット中でも「食べなきゃ損する」秋の食材3つ

LINEで送る
Share on Facebook

diet

「ダイエット中なの」と言って、偏った食事をしたり雑に済ませている人を見かけます。

食事の量を減らせば確かにやせますが、肌艶が失われ、表情もどことなくギスギスしたりしているように見えたりと健康的ではありませんよね。食事に気を配る・楽しむということは、同時に生きることを楽しむことに繋がります。

食べると太る。と恐怖を抱いている人は、旬の食材を毎日の食事に取り入れて食生活を見直してみることをおすすめします。

旬の食材には、たくさんのメリットがあります。多くの食材は、旬を迎える時期に一番栄養価が高くなり、美味しさもピークに達します。また、その時期に必要になる栄養素を補ってくれるので、食べなきゃ損! なんです。たくさん市場に出回ることで、安価で手に入るのも嬉しいですよね。

そこで今回は、秋のダイエットにぴったりな旬の食材をご紹介しましょう!

秋に旬を迎える食材は、胃の働きを活発にしたり腸の動きを整えてくれる効果があるものが多く、夏の暑さでバテてしまった内蔵たちの元気を取り戻してくれます。内蔵が元気になると代謝もアップ! やせ体質に近づけますよ。秋から冬にかけて旬を迎える根菜類も、体を温めることで代謝を上げてくれるのでおすすめです。さっそくご紹介しましょう。

 

1:低カロリーで甘〜い栗は、おやつに最適!

秋の旬の食材の代表である栗。カロリーが高いイメージですが、1個15〜30kcalと実は低め。歯ごたえもあるので、小腹が空いたときにぴったり。渋皮にはタンニンが含まれていて、肌の老化防止や血糖値を下げる効果があります。女性はぜひ取り入れてほしい食材です。

 

2:朝食にりんごをプラスしてお腹スッキリ!

りんごの旬は冬のイメージですが、意外にも10月〜12月頃が美味しい季節なんです。食物繊維が豊富なので腹持ちバツグン! 便通も促すので、朝食べることで腸の働きを整えるきっかけになります。また、余計な塩分を排出する効果のあるカリウムが多く含まれており、むくみ解消にも役立ちます。

3:夜は、きのこで食べ過ぎ防止!

年中買えるきのこですが、栄養がギュッと濃縮される旬の秋は、ダイエットに積極的に取り入れるのがオススメ。糖質・脂質の代謝をアップさせるビタミンB群が多く含まれているので、脂っぽい食事のつけあわせとも相性抜群。晩ご飯の時間と量が長くなりがちな秋の夜長でも、食物繊維が豊富で満腹感の味わえるきのこをプラスすれば、食べ過ぎも減るかもしれません。

ダイエット中でも、旬の食材を取り入れることで、季節を感じながら食もダイエットも楽しめる、そんな余裕のある女性をめざしましょ!

photo by Pinterest

大西 マリコ

大西 マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ