美容

2014.06.13 UP

秋に「おブスな肌」で後悔しない!メイク前の5分に秘密が!

LINEで送る
Share on Facebook

0a99faefacf2ed8ea481e48ef6dd3598

「肌色がくすんでる」、「毛穴が目立つ」。本格的な夏目前の今、上昇する気温とともに肌トラブル指数も上がっていませんか?

実は、夏の肌は紫外線や冷房などで常に激しいストレスにさらされっぱなし

さらに、体力の低下や、中と外の気温差にうまく身体がついていかず、肌のターンオーバーが乱れた結果、乾燥もしやすくなります。

 

今、鏡で見えている肌は1ヶ月前に作られた肌!

つまり、夏の乾燥を放っておくと、秋の初めにはもっとダメージを受けた肌が待っているということ!

そうならないためにも、今こそ積極的な保湿ケアが重要。「保湿は1日にしてならず」ということで、簡単に保湿力をアップできちゃう“ホイル顔湿布”をご紹介します。

 

ホイル顔湿布のやり方

★用意するもの

・アルミホイル

・はさみ

・コットン(今回は5枚に割ける大判タイプを使用しました!)

・化粧水

・乳液(またはクリーム)

 

★ホイルマスクの作り方

1.アルミホイルを20cm程度(雑誌の横幅くらい)にカット。

2.顔の上下にマスクするため、1のアルミホイルを中心で半分にカットする(ハガキのような形になるよ)。

3.切り分けた1枚を半分に折って、さらにもう一度半分に折り畳む。

4.ホイルマスク上側:目の部分を作るため、3でできたアルミホイルの上のほうにはさみを入れて穴をあける。

ホイルマスク下側:切り分けたもう1枚のアルミホイルを半分に折って、真ん中あたりに穴をあける(ここが口の部分になるよ)。

 

★やり方

1.コットンに、たっぷり化粧水をしみ込ませる。

2.コットンを、顔全体を覆える数に割いたら、コットンを引き伸ばし、肌にフィットさせてコットンパックの状態に(おでこ、両頬、鼻、口の計5枚は最低用意しましょう)。

3.アルミホイルでホイルマスク作成。

4.3で作成したホイルマスクを顔全体に隙間なく覆い、5分間めぐらせる。

 

ホイルパックの良い所は、即効性&コットンの乾きにくさ。肌を蒸すような感覚なので、一度で肌がやわらかくなって、まるで湯上がりのようにポッと血色が良くなります

また、乾燥がやわらいでツヤが出るので、メイクノリも最高! ぜひ夏のメイク前に試してみてくださいね。

 

Photo by Pinterest

大西 マリコ

大西 マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ