美容

2014.05.13 UP

女性は、体の内側からキレイを作る「PREMiL(プレミル)」

LINEで送る
Share on Facebook

KATA9669

嗚呼、いつの頃からでしょう。私たち女史は、牛乳の入ったカフェオレよりも豆乳でできた味の薄いソイラテなんかを飲むようになりました。あげく、「牛乳なんて久しく見てない」とまで言い放ち、牛乳は「あの人(牛?)は今」状態に……。

 

これは私の周りに限った話ではないようで、事実、森永乳業(株)の調査によると、牛乳の消費量は年々減ってきているそうです。

 

なぜ牛乳離れが進んでいるの?

牛乳以外にも多くの健康飲料や健康食品が出てきたこともありますが、女史の牛乳離れの理由として挙げられるのが、「太りそう」、「お腹がゆるくなりそう」といった健康や美容面での不安。とくに、ダイエット中などは気になってしまいますよね~。

 

少量で高栄養♪ 低脂肪なのに美味しいミルク「PREMiL」誕生!

それならば、みんなの不満を改善した “大人のためのミルク”を作ってあげる! と立ち上がったのが、大手乳製品メーカーの森永乳業株式会社。

 

すでに4月8日より関東甲信越で発売されている、栄養にこだわった低脂肪タイプのミルクシリーズ「PREMiL」。CMでは、女優の真矢みきさんが“ミルク会議”なるもので司会役に挑戦しており、その新鮮な姿に目を止めた人も多いのではないでしょうか?

KATA9691

そんなPREMiLの新CM完成記念イベントが先日都内で行われました。

 

CMと同じファッションで登場した真矢さん。う、美しい……。普段から牛乳はよく飲まれるそうで、「仕事で遅くなった日はシリアルにかけて食べたり、寝る前に飲んだりします。ゆったりと眠りにつけるんですよ」とのこと。

この透明感のある凛としたオーラの秘密は、ミルクなのかもしれません。

 

真矢さんもハマり中!「PREMiL」の大人の魅力とは?

PREMiLは全部で2種類。

120mlで200mlと同等のカルシウム、たんぱく質が摂取できる「PREMiL カラダしっかり」と、牛乳と同等のカルシウム、たんぱく質に加え、生きたまま腸まで届く“ビフィズス菌 BB536”や食物繊維も摂取できる「PREMiL カラダ美しく」があります。

写真

私が一番良いなと思った点は、少量で栄養が摂れるところ。

この写真を見てください。実際に1日に飲む量はたったこれだけ。今までみたいにガブガブ飲まなくても、たっぷり栄養が摂れちゃうんです。

 

しかも、低脂肪なのに美味しい! ほら、低脂肪ってな〜んか味が薄いってイメージありませんか? それも牛乳から遠ざかる原因のひとつだったのですが、こちらは濃厚でしっかり味。これなら、体重を気にしながら飲むという罪悪感から解放されますね!

 

まだまだある! 「PREMiL」の嬉しいポイント

・飲みきりサイズだから一人暮らしに嬉しい!(強がりなんかじゃない)

・注ぎ口が広いから注ぎやすい!(もう、ドボボッ! と出る心配なし)

・キャップで開閉だから衛生的!(紙パックの口のしなしな感から解放)

 

いかがでしたか? 私たち大人世代に向けて作られたミルク「PREMiL」。これを知れば、もう牛乳を飲まない理由が見つからないかも!?

私も、早速生活習慣のひとつに仲間入りしそうな予感です♪

 

 

【参考】

 「PREMiL」公式サイト

大西 マリコ

大西 マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ