美容

2013.08.10 UP

「素足にローファー」のイケてる男子が「実はひそかに気にしていること」

LINEで送る
Share on Facebook

B02

石田純一さんがはやらせたのかどうかは定かではないものの、夏が近くなると、女性があまり読まないであろう男性ファッション誌には「素足にローファー対策」が小さい特集として登場します。

大きく特集を組んでも「対策」の数はわりと決まっているので、大きな特集にはならないのでしょう。

男性ファッション誌は、オトコとしてファッションを楽しむためのものであり、どうじに、女性にいかにモテるファッションをするか? という研究(?)のためのものでもあります。

素足にローファーについて、男性がひそかに研究していることを、ここでご紹介したいと思います。

クサイ!

素足にローファーを履いて、格好よく歩いている男性に限って、じつは靴を脱ぐと異様に足がクサイ! この悪臭をどう対処するのか? というのが、男性にとっての最大のテーマです。

臭い対策も涙ぐましい

臭い対策として、「ちびソックス」なるものがあります。足首から見えないていどに、浅めにカッティングされて靴下です(女性ものもありますよね)。
でもこの靴下、脱げやすいのです。よって、かかとの部分に、滑り止めをつけている「ちびソックス」が、男性のあいだでわりと売れています。各メーカー、だいたい1,000円くらいです。

足首だけが焼けるからダサい!

臭い対策の次は、日焼け対策です。靴下を履かないでローファーを履く男性は、たいてい、くるぶしくらいまでの丈のズボンを履きます。
誰がそう推奨したのかは知りませんが、男性誌には「ミラネーゼにも人気のファッション!」などと書いてあります。
よって、くるぶしの下から、足の甲の一部だけが日焼けをすることになります。
この対策で売れているのが、焼いていない部分に塗ると、数分間であたかも焼いているかのような色になる、スグレモノのクリーム。
ゴルフ焼け対策にも使えます。有名メーカー、2,000円台くらいで売っています。

いかがでしたか? その他、足首をもっとおしゃれに見せようということで、アンクレットも売れているそうです。

ここまで涙ぐましい努力をしている「素足にローファー」男子。女性としては、どう評価しますか?

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ