美容

2016.10.30 UP

さらばコンプレックス!憧れの【洋風顔】はメイクで作れる!

LINEで送る
Share on Facebook

誰しも一度は、彫りが深くて、メリハリのある洋風顔に憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか。海外ドラマや映画を観た後、鏡の中の自分を見て萎えてしまうなんてこともあったり。

でも女子にはメイクという強~い味方があります。今回は、メイクで洋風顔になれるワザをご紹介したいと思います!

 

そもそも西洋人と日本人では骨格がまったく違う!

洋風顔メイク術のお話に入る前に、そもそもの“骨格の違い”を確認しておきましょう。ここを理解するのとしないのとでは、メイクする上でまったく変わってきますよ!

Photo by Pinterest

骨格・皮膚・毛髪などの形質的特徴によって大きく区分けした世界三大人種というものがあります。白色人種系のコーカソイド(今回目標とする洋風顔)、黄色人種系のモンゴロイド、黒色人種系のネグロイド。

ほっそりとした骨格のコーカソイドと、私たち黄色人種系のモンゴロイドの大きな違いとしては、頭の長短や額の出具合、目の部分の凹み具合、歯の位置、あごの形や大きさですね。骨格そのものを変えることはできませんが、メイクで限りなく洋風顔に近づけることはできますよ!

この違いを理解したところで、早速メイク術を見てみましょう。

 

シェーディングとハイライトで“彫り”を作る

骨格の異なる顔をどうやって近づけていくか。まずはシェーディングとハイライトで影を作り、顔にメリハリをつけていきます。

これだけでも顔の雰囲気が大きく変わるので、ぜひ試してみて。

Photo by Pinterest

シェーディングを入れる部分(写真左・茶色の箇所)は額の生え際、瞼の凹み、こめかみ、鼻筋の両脇、頬骨の下です。ハイライト(写真左・白色の部分)は眉間から額の中心と鼻筋、眉毛の下、目の下三角部分、あごの先に入れます。

つまり凹にしたい部分をシェーディング、凸にしたい部分にハイライトを入れるということ。特に瞼からこめかみ、鼻筋のシェーディングがポイントで、この部分の影をしっかり出すことで、洋風顔特有の目の凹みやシュッと高い鼻筋に見せることができますよ!

写真の女性もかなりハッキリとした顔立ちになっていますね。またこちらの女性は、このシェーディング&ハイライトのテクニックを応用して、首や鎖骨の部分にもメリハリをつけています。パーティーなどのシーンでは活用したいワザですね!

シェーディングやハイライトはクリームタイプやパウダータイプのものなど、ご自身のお好みでお試しください。

Photo by Pinterest

顔の輪郭は人によって違うので、自分の輪郭に合ったシェーディングをしてみて。

上の図、ピンク色の部分がシェーディング、紫色がハイライトを入れる位置です。

 

アイメイクとチークで影を強調してさらに洋風顔に

シェーディングとハイライトで作った影を、今度はアイメイクとチークで強調して仕上げていきましょう。

アイシャドウは影を作りやすいブラウン系を用意。ここでいうチークは影をつけるためのものなので、少しダークなものをセレクトするのがオススメですよ。

 

アイメイク

Photo by Pinterest

西洋人は日本人に比べて、目が凹んでおり、眉の部分が出っ張っています。そのため、眉と目の間隔が狭く見えるのです。

日本人がこの骨格に近づくためには、アイブロウを眉の下につけ足すようなイメージで引くことがポイント。また、パウダーなどで眉頭の部分を足すと、メリハリのある顔立ちになりますよ。ただしあくまでも”自然に”が鉄則です!

Photo by Pinterest

明るいブラウン(B)、暗いブラウン(D)、やや暗いブラウン(C)を図のように塗ります。

アイシャドウの中で白に近いカラーのハイライト(A)を出っ張らせたい部分に乗せます。目尻の方にかけて濃くなるようにシャドウを乗せましょう。

 

チーク

Photo by Pinterest

チークもシェーディング同様に顔の輪郭によって入れ方が異なるので、上の図を参考に入れてみましょう。ダークなピンク系は可愛らしく、ダークなオレンジ系は大人っぽく仕上がります。

この“ダークな”が彫りを深く演出できるキーワード! カラー選びも重要なポイントです。

 

いかがでしたか? 憧れの洋風顔はメイクの仕方次第で手に入るんです。となれば、これはもう実践しないワケにはいきませんよね。

ぜひ今年の秋冬はオシャレと併せてメイクも楽しんじゃいましょう!

may
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ