美容

2014.03.07 UP

春色ファッションは「定番色」が鍵!大人のパステルカラー攻略法

LINEで送る
Share on Facebook

e0a2c7df679763188cde78d65b68a70f

みなさんは、服を選ぶとき、まず何に目がいきますか?

デザイン、素材、いろいろだと思いますが、まず、人の目に入るのは、色です。色の印象とは強いもので、例えば、「黒」はシャープなイメージ、「ピンク」はカワイイ女のコなどというふうに、細かいデザインよりも、色は印象を左右します。

 

ファッションのトレンドカラーも、暖かくなるにつれて、ダークな色から、一気に明るい色へと変わります。春はやっぱり、あたたくて、やさしい「パステルカラー」が着たくなる季節!

だけど、R30世代にもなると、パステルカラーは、かわいらしいイメージが強くて、なかなか勇気が出ない人も多いのではないでしょうか?

 

そんなオトナ女史には一見、難しそうな色ですが、実は「定番カラー」を合わせることで、すんなり着こなせちゃうんです。

今回はファッションデザイナーである著者が、写真付きで「超カンタンな“春色コーディネートの法則”」をご紹介します。さっそく、マスターしちゃいましょう!

 

1:ライトグレーは最強

定番カラーのライトグレーは、パステルカラーとの相性も抜群です。困ったときには、ライトグレーに頼りましょう。

 

ピンクとの相性は、最強!

6d2a6605cd9b300d22737ac4c585e7bf

▼軽いオレンジと合わせることで、ヘルシーな印象に。

59e2ec9f3e0ca1d54e5191da7d3f4cce

寒色系のライムグリーンと合わせれば、クールな雰囲気。

f1b88225aa0de2b74b0823b8a81c8151
 

2:ベージュを合わせて、大人の落ち着きをプラス

ベージュの持つ、落ち着き感と安心感が、子供っぽい印象のパステルカラーを中和してくれます。大人女史でも、安心して着られる組み合わせです。

▼イエローとベージュの同系色の組み合わせは、安心感抜群

3868ed36178d5d42c3f413d77c291081

 

3:知的ネイビーでひきしめを

ともすれば、膨張しがちなパステルカラーを、ネイビーで、すっきり引き締めましょう。春には、黒だと少し重すぎるので、ネイビーがちょうどいい感じです。

 

インディゴブルーのデニムは、どんな色にも合います。

2a82b06eba4afb4ceac7bbe05356f392

 

▼イエローとブルーは、お互いを輝かせてくれる組み合わせ

ec597f1e5c0188ba060d3712db525dc6
 

4:透明感はピカイチ!白いキャンバスにパステルカラーで春の彩りを

は、こちらも春のトレンドカラーです。ファッションは、気持ちも変えてくれるもの。いつもの日常に、新鮮さと爽やかさをプラスしてくれます。

ピンクと白の組み合わせは、シンプルでクールなアイテムを選ぶのが、ベター。

4c697de5662e1f985c6853c2b849826e

 

5:ちょっと、ひとひねり!同じ色味の濃い色を合わせれば、カンタンでオシャレなグラデーションコーデが完成!

水色には、青というように、少し濃い色を合わせるだけで、グラデーションカラーコーデが完成します。

簡単に1ランク上のオシャレ上級者に見えちゃいます。

 

▼白、ラベンダーと濃いめのパープルピンクの組み合わせで、オトナの色気が発揮できます。

cf92005594ceea2dbaf3421bcea21d1e

いかがでしたか?

だれもが持っている定番カラーを合わせることこそ、オトナの「パステルカラーコーデ」の鍵なんです。

さあ、いつもの服に、ちょっとパステルカラーをプラスして、ファッションもココロも、あたたかい春をまとってみませんか?

photo by Pinterest

関連記事

春のOLの服装!トレンチコートをオシャレに着こなす3ステップ

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ