美容

2016.07.13 UP

水に入れるだけ!あなたをきれいにする夏野菜デトックスウォーター

LINEで送る
Share on Facebook

私たちの体のほとんどは、水分でできています。暑い夏は、熱中症対策にもマメな水分補給を心がけたいですよね。どうせ飲むなら、栄養と美容も補給できたら一石二鳥だと思いませんか?

そんなワガママを叶えてくれる、夏野菜を使ったデトックスウォーターをご紹介。夏に負けない肌をゲットして!

 

デトックスウォーターとは

デトックスウォーターは、フルーツや野菜のもつ水溶性ビタミンや食物繊維などの栄養素が水に溶け出すことで、美容や健康効果が期待できるそう。たとえば水溶性食物繊維で腸が活発になったり、カリウムでむくみがとれてすっきりBODYになったり……。

作り方はミネラルウォーターにお好みの果物や野菜を切って入れるだけと楽ちんだから、毎日続けられるはず!

野菜やフルーツは、国産無農薬のものを使ってくださいね。もしない場合は、野菜洗浄剤でよく洗う、もしくはボウルにたっぷりと水を入れて小さじ1の重曹を入れて洗う方法もあります。

デトックスウォーターは水にそのままの成分が溶け出すので、農薬が溶け出した水を飲まないよう、ここだけは要注意です。

 

みずみずしい美肌&むくみ解消!きゅうり&カルダモンが主役のレシピ

Photo by Sayaka Mikami

夏野菜の定番・きゅうりはカリウムが豊富なので、むくみやすい女性にぴったり。ビタミンCたっぷりのライムとレモン、消化を助ける効果があるとされるミントを加え、さっぱりとした味わいに仕上げます。

カルダモンは、きゅうりの青臭さを少なくするだけでなく、免疫力アップ&アンチエイジング効果も期待できるのだとか。インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、消化を促進させるスパイスとして使われているそうです。

《材料》

ミネラルウォーター・・・1000ml

きゅうり・・・1本

ライム・・・1/2個

レモン・・・1/2個

ミントの葉・・・2枝分

カルダモン(ホール)・・・1粒

《作り方》

1.きゅうりは洗ってピーラーで縦にスライス。ライムとレモンも洗い、1.5mmほどうすく輪切りにします。カルダモンはさやから中身を取り出します。

2.容器に1と洗ったミントの葉を入れ、ミネラルウォーターを注ぎ、冷蔵庫で最低でも2時間ほど置けば完成!

 

抗酸化パワー抜群!パプリカ&ゴジベリーが主役のレシピ

Photo by Sayaka Mikami

パプリカの香りと甘酸っぱいプラムが絶妙にマッチするデトックスウォーターです。

美肌野菜の代名詞パプリカは、色によって栄養価がそれぞれ異なります。黄は、シミやソバカスを防いで美白効果のあるビタミンCが豊富で、肌の老化を防いでくれるそう。

赤は、抗酸化作用があるカプサイシンという赤い色素の成分が豊富。新陳代謝を活発にする効果や疲労回復効果もあるのだとか。

オレンジには、赤と黄の両方の成分が含まれていて、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEなども豊富です。

初夏〜夏が旬のプラムは食物繊維もカリウムも豊富なので、すっきりボディを目指している方におすすめの果物。肌にいいビタミンや鉄分も含まれています。疲労回復や風邪の解熱にも効果的だとか。

さらにビタミンCを加えるため、イタリアンパセリもプラスしました。

 

このレシピでカギとなるのが、スーパーフードとして人気急上昇中のゴジベリー。”クコの実”と呼ばれることも多いです。ビタミンがバランスよく含まれていて、肌や髪のアンチエイジング効果があるそう。

内臓の健康にもよい成分が含まれているため、薬膳料理のデザートにも使われています。中国では3000年以上前から漢方薬としても使われていた、歴史ある薬用果実なんです!

《材料》

ミネラルウォーター・・・1000ml

赤・黄・オレンジパプリカ・・・各1/4個

プラム・・・4個

イタリアンパセリ・・・1本

ゴジベリー(クコの実)・・・小さじ1

《作り方》

1.パプリカは洗って1.5mmほどうすく輪切りにスライス。輪切りは繊維をたち切るので、香りがたちます。

プラムも洗い、くし型切りにカットして種は取り除きます。

2.容器に1と洗ったイタリアンパセリの葉とゴジベリーを入れ、水を注ぎ、冷蔵庫で最低2時間ほど置けば完成!

 

美肌&ダイエット!ゴーヤー&チアシードが主役のレシピ

Photo by Sayaka Mikami

ほろ苦いゴーヤーに、甘いパイナップルとすっきりミントを加えた爽やかなレシピです。

主役のゴーヤーは、食物繊維、ビタミンC、カルシウム、鉄分、カリウムなどが豊富。なんとビタミンCはトマトの5倍もあるのだとか! しかも消化促進や疲労回復など、夏バテ防止効果もあるそうなので、この時季にぴったり。

南の島の野菜ということで、酵素がたっぷりのパイナップルもチョイスしました。食物繊維が豊富で腸内環境を整え、肝臓の働きをよくする効果もあるそうなので、夏バテ防止・二日酔いにもよさそうです。抗酸化作用のあるビタミンCも多く含まれていますよ。

 

スーパーフードとして人気を集めているチアシードには、必須アミノ酸を含むタンパク質や、食物繊維、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどが多く、小さじ1入れるだけでもグッと栄養価がアップします。

さらに、体内でつくることができないオメガ3脂肪酸も含まれています。脳の活性化、ダイエット、美肌、免疫力アップにもよい効果もあるのだとか。腸内環境を整える効果もあるそうなので、便秘に悩んでいる方はぜひ。

今回は、水を含むと10〜14倍に膨らむ”ホワイトチアシード”を使ったため、ふつうのチアシードよりも満腹感が抜群です。

《材料》

ミネラルウォーター・・・500ml

ゴーヤー・・・1/4本

パイナップル・・・1/4個

ミントの葉・・・3枚

ホワイトチアシード・・・大さじ1/2

《作り方》

1.ゴーヤーは洗って1.5mmほどにスライスし、ワタと種を取り除きます。

洗ったパイナップルは皮を切り、一口大にカットします。

2.容器に1と洗ったミントの葉とホワイトチアシードを入れ、水を注ぎ、冷蔵庫で最低2時間ほど置けば完成! 苦みと青臭さが苦手な方は、2時間たったらすぐにゴーヤーだけ取り除いてくださいね。

 

いかがでしたか?
暑い夏に、みなさまが快適に美チャージできますように!

 

参考『ハーブ&スパイス辞典』伊藤進吾、シャンカールノグチ/誠文堂新光社

(Top画像&レシピ作成:三神さやか)

三神さやか

三神さやか

ビューティー&ヘルシー料理研究家

≫このライターの記事を読む

フードアナリスト/フードコーディネーター/食育インストラクター  身体の内側から健やかで美しくをテーマに、ビューティー&ヘルシー料理のレシピや、食の情報をお伝えします。

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ