美容

2016.06.26 UP

【長距離フライトでも快適!】女子が機内に持ち込むべきアイテム7選

LINEで送る
Share on Facebook

海外に旅行や出張に行くとき、飛行機に長時間乗っていると一番気になるのがスキンケア。

結露を防ぐため、わざと機内の空気を乾燥させているとも言われるほど、機内の乾燥は深刻。お肌にとてもキビシイ環境なんです。とてもじゃないけど、これじゃくつろげませんよね。

でも「機内持ち込み手荷物はできるだけ少なくしておきたい!」「面倒なことはしたくない!」という女性もいると思います。。

そんな方にピッタリな、フライトに持ち込むべき、お手軽ビューティーアイテムを厳選してみました。

 

手を洗いに行かなくてもOK!除菌用ハンドジェル

Photo by Rakuten(Bath&Body Works)

フライト中、手を洗うために何度も席を立つのは結構大変。特に窓側の席なら尚更そうですよね。

そんな時、水なしで除菌・殺菌のできるハンドジェルがあると便利です。Bath&Body Worksのこんな可愛いハンドジェルなら、旅の気分が一気に盛り上がりそう! お気に入りのデザイン&香りをチョイスしたいですね。

 

1枚でお手入れ完了!メイク落としシート

Photo by Amazon(Bifesta)

飛行機に乗り込むギリギリまでメイクは落とさないでいたい! でも離陸したらゆっくりくつろぎたい派の女子には、メイク落としシートはマスト。

特に、メイクも汚れもしっかりオフしてくれるのに、保湿効果の高いシートだと◎。Bifesta(ビフェスタ)の『うる落ち水クレンジングシート』が人気!

コラーゲンのたっぷり入った、ソフティモのメイク落としシートもおススメです。

 

フェイス&ボディ用のオイルが便利!

Photo by Amazon (The Jojoba Company)

フェイスだけでなく、ボディにも使えるオイルや保湿クリームは、好みの香りのものを選んでテンションをUPさせましょう。

私は毎回、NIVEAやホホバオイルなどシンプルなものを携帯しています。機内持ち込み用サイズ100ml(g)のボトルやケースに予め詰め替えておくことをお忘れなく!

 

フェイスマスクで念入りに保湿

Photo by Amazon (KOSE)

フライトが長時間に渡る場合は、乾燥対策にフェイスマスクを取り入れるのもアリです。

夜出発のフライトでは、電気が消えるタイミングでこそっりマスクを着けるのがポイントです(笑)。余った美容液はボディのお手入れに使いましょう。

オールインワンタイプの『プレミアム ロイヤルジュレマスク』だと、1枚でお手入れが完了するので便利ですよ。

 

ホットアイマスクでぐっすり!

Photo by Amazon(めぐりズム)

乾燥はお肌だけではありません。長期フライトでは、目も乾燥や疲れでシバシバしてきますよね。

そんな時は、じんわりと蒸気で目元を温めてくれる、めぐりズムの『蒸気でホットアイマスク』がおススメです。

カモミールジンジャーや、ゆず、ラベンダーの香りなどがあるので、お好みのものを選んでフライト中も癒されちゃいましょう。

 

携帯加湿器もアリ!

Photo by ヨドバシ(TRADE WORKS)

持ち運びやすく、水を入れた容器にさすだけでOKの携帯加湿器も便利です。

TRADE WORKSの『トラベル用ポータブル パーソナル加湿器 スティックタイプ』は、小型ながらしっかりミストが出て使いやすいそう。USB電源に接続して使います。

 

Photo by Amazon(TOPLAND)

また、TOPLANDの『bottle CUBE』は、ペットボトルにさし、USB電源に接続すればOK。

超音波の振動でミストを出すので、熱くならないのもおススメです。

 

のどの乾燥対策も忘れずに!

Photo by Amazon (小林製薬)

乾燥対策で忘れてはいけないのが、のどの保湿。乾燥の激しい密室である機内では、風邪のウィルスが移りやすいのです。

最善のコンディションで旅を楽しむためにも、のどもしっかりケアできるマスクがあればパーフェクト。

加湿器代わりに『のどぬーるぬれマスク』で乗り切りましょう。

 

フライトを楽しむために、あると絶対重宝するビューティーアイテム。しっかり準備して旅を満喫してくださいね!

Timmy
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ