美容

2016.05.28 UP

【自宅でエイジングケア】ヘア年齢を若くしよう!頭皮マッサージの方法

LINEで送る
Share on Facebook

160510_air-333

紫外線量が真夏とほぼ同量になる6月。日焼けは美の大敵ですよね! UV対策に加え、スキンケアを入念にする人も多いかと思いますが、見た目年齢を上げないためには肌だけでなく、実は「髪の若々しさ」も重要です。

そんな見た目を左右する髪のエイジングケアについて、「LOVEST銀座」のスタイリスト・渋尾雅義さんに教えてもらいました。

 

髪が老化すると、どうなるの・・・?

160510_air-259

髪の老化は、「他人が見て気付くときには、エイジングはかなり進んでいると思ったほうが良いでしょう」と話す渋尾さん。具体的にはどんな見た目が、髪の老化状態なのでしょうか?

根本がペタンとしてハリやコシがない状態は、髪の大きなエイジングサインです。髪の毛自体が細くて芯がない状態になっていると思います。あと、意外と知られていないのですが、くせ毛がひどくなるというのもエイジングサインのひとつですね」

くせは、とくに耳後ろのあたりに出やすいそう。最近くせ毛がひどくなったと思う人は、もしかするとケア次第で改善するかもしれません!

 

エイジングの原因はコレだ!

160510_air-247

髪のエイジングケアを知る前に、まずはどうして髪が老化するのか原因を知りましょう。

「髪が老化する主な原因は酸化です。紫外線やタバコ、ストレスなどにより活性酸素が発生すると、細胞がサビついたような酸化という状態になります。

とくに紫外線の強くなる夏は髪がダメージを受けやすい季節。こまめなケアがおすすめです」(渋尾さん)

 

さらに髪の毛は血液からできているので、乱れた生活習慣も大きく影響します。若々しい髪のためには外側からのケアだけでなく、内側からの生活習慣改善も欠かせないと渋尾さんは言います。

 

今日からできる!自宅でやりたいエイジングケア

160510_air-66

「こまめなケアが大事!」と渋尾さんが言うように、健康な髪は一日にしてならず。加齢による髪の老化は避けられませんが、今日から早速ホームケアを取り入れて、若髪をキープしましょう!

 

エイジングケア用のアイテムを使う

今生えている髪の毛は、すでに死んでいる状態なのだそう。つまり自己修復ができないので、トリートメントやシャンプーで栄養を外から補ってあげる必要があります。

160510_air-251

たとえば「EraL プルミエ バランシング」は、髪の水分保持力を高め、頭皮環境を健康に導くシリーズです。医薬部外品なので安心して使えます。

 

顔のたるみにも効果的!血行促進マッサージ

髪に必要な栄養が届きやすい環境に整えるには、頭皮の血行をアップさせるのが有効! 髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌が活発になる夜に行うと、さらに効果的です。

【耳上の皮が掴める人は・・・?】

たるみ注意報!リフトアップマッサージ

160510_air-332

1. 耳上に手のひらを当てるように頭を持ちます。

2. 斜め後ろに向かって耳上の頭皮を引っ張るようにリフトアップさせましょう。

 

【むくみもいっしょに取ろう】

目もともスッキリ!ツボ押しマッサージ

160510_air-335

髪の生え際には頭皮環境を整えるために必要なツボが集中しています。ここを痛気持ちいい程度に刺激してあげることで血行を促しましょう。

 

月1回の集中エイジングケアもおすすめ!

160510_air-303
髪のダメージがひどい場合や、もっと若髪になりたい! という場合は、やっぱりサロンにおまかせするのが正解です。

炭酸シャンプーで自分では落としきれない頭皮の汚れを落としたり、極上のオイルマッサージを受けたり。プロの手技と、リッチなトリートメントで完璧な頭皮環境をめざせますよ。

 

自分ではあまり見えない髪の毛も、他人には360度見えているもの。

エイジングケアというと、つい肌にばかり手をかけがちですが、ヘアケアに力を入れることで見た目印象がググッとアップすること間違いなしです!

 

▼Instagramで、渋尾さんのスタイルをチェック!

Instagram(渋尾 雅義)

160510_air-306

渋尾さんにヘアチェンジを頼みたい方はこちら

※取材協力: LOVEST銀座 by air

Photo by GOTA

大西 マリコ

大西 マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ