美容

2016.04.05 UP

満足度100%!臨床心理士が教える「心が元気になる」メイク術

LINEで送る
Share on Facebook

IMG_0872

春の訪れとともに心機一転、メイクで気分を上げたい――。

常日頃からメイクが薄めなので、今春こそ、と意気込む私に依頼されたメイク術の記事。ANGIEで取材するたびに、その美しさに目がくらむ臨床心理士・山名裕子先生に「カンタンで、かつ気持ちが明るくなるメイクの方法」を教えてもらいました。

 

心を元気にするメイク「スキンケアに力を入れよう」

iStock_000071591733_Medium

「たかが肌荒れ、されど肌荒れ。肌の調子が悪いと、外出しておしゃれな場所にいくのも、人に会うのもおっくうになりますよね。でも、肌がキレイになったとたん自分に自信が持てるようになり、心も元気になるんです。

スキンケアをして、心の元気を養いましょう。『こんなに肌を愛しているんだから、もっとキレイになるはず』『肌荒れはすぐ治る、すぐ治る!』などとポジティブな言葉を自分にかけて、肌に意識を集中させながらケアをすると効果的。

メイクの時間がとれないときも、肌をキレイに見せるベースメイクだけしっかりできれば大丈夫です」

 

自己肯定感が高まるカラーを。「ピンクを使おう」

iStock_000021046524_Small

「色彩心理学において、ピンクはネガティブな要素のない唯一の色といわれています。青は冷静さを演出できますが、冷たい印象になり、赤は情熱的な印象を与える一方、攻撃性も含んでいます。ピンクは魅力を高め、女性ホルモンを活性させる色でもあります。

ピンクのリップやチークを加えるだけで、気持ちがふっと華やぎ、女性としての自己肯定感が高まるんです。『私はピンクの“女の子っぽい”感じが好きじゃない』『モノトーンが好き』という方ももちろんいらっしゃると思いますが、挿し色としてメイクや小物に取り入れてみてはどうでしょう」

 

心の余裕をつくり柔らかい印象に。「引き算メイクに頼ろう」

iStock_000063490709_Small

「いつも完璧なフルメイクをしないと気が済まないという方は、ときどき気持ちを和らげるために『今日はアイメイクだけ力を入れよう』『今日はリップだけこだわろう』など、ベースメイク+部分メイクの簡易バージョンを取り入れてみるのもオススメです。

近くのコンビニに行くのにも、きっちりフルメイクをしている方は『メイクとはこうあるべき』『ここまで仕上げなくてはならない』と思考しがち。自分に厳しくルールを課して、苦しくなってしまいます。

『今日はアイメイクだけでいいか』と心に余裕が出ると、表情も柔らかくなり、人からも話しかけられやすい愛されキャラになりますよ」

 

メイクは「今日はデート用の私」「今日はしゃきっとプレゼンをするビジネスパーソン」「今日はのんびり散歩するマイペースな自分」と、いろんな表情を演出できる魔法のツール。

毎朝の15分で女性ならではの変身願望を満たしつつ、無理なく続けられるメイク術を試したいですね。

田中 瑠子
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ