美容

2016.02.01 UP

【美肌づくりに】3日に1度たべるといい「鮭」の優秀パフォーマンス

LINEで送る
Share on Facebook

Stop_

私たち日本人になじみ深い魚と言えば「鮭」。実はこの鮭には、女性がキレイになるために必要な美容成分が豊富に含まれているのだそう。その効果は、まさに「最強の美肌食材」と言われるほど。

そこで今回は、まだまだ知らない鮭の隠れた魅力に迫ってみたいと思います。

 

鮭の美容効果とは・・・?

Fresh-faced natural beauty

産卵のときに川を遡る鮭はたくさんの酸素を取り込むため、体内で活性酸素が発生します。それを消去するためにたくさんの「アスタキサンチン」を備えているのだとか。アスタキサンチンは抗酸化作用があり肌老化防止に効果的な成分と言われています。メラニンの生成を抑制する働きもあるので、美白対策としても効果が期待できそうですね。

そのほかダイエットに欠かせない成分とされるオメガ3脂肪酸のEPAやDHAなどの脂質、皮には美肌に必要不可欠なコラーゲンもたっぷり。また、筋子にはカルシウムやビタミンが含まれているそう。こんなにたくさんの美容成分が入っているのだから、それを活用しない手はありませんよね。

 

おすすめの食べ方は?

S2

■食べ方は「生」が一番!

鮭というと網焼きがメジャー。でもこれだとせっかくの良い油が落ちてしまいます。しかも鮭は熱を加えると脂が酸化してしまうので、できればスモークサーモンやお刺身といった生食がおすすめ。

アスタキサンチンは油と一緒に摂ると吸収力がアップするそうですので、スモークサーモンならオリーブオイルをかけて食べると良いでしょう。

 

■軽く煮込むスープやお鍋にも

お鍋やスープのように少し煮込む程度のものは、美容効果を損なうことなく美味しくいただくことができます。軽く煮込むことで皮のコラーゲンがとけだすので美肌にも良いそうです。しかも良質な脂質を摂ることで免疫力向上も期待できます。

小松菜などの緑黄色野菜と一緒に煮込める「石狩鍋」なら美肌効果だけでなく、体も温めてくれるので冬に最適ですね。

 

財布に優しくコスパも優秀

Display of salmon in a shop in Melbourne, Australia

スーパーでも比較的安価に手に入る鮭。それなのに効果はこんなにたくさんあるなんて、まさにコストパフォーマンス優秀の食材と言えます。

3日に一回程度食べるとより効果を実感できるそうなので、財布に優しい鮭で美肌作りを始めてみませんか?

佐治 真澄
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ