美容

2016.01.25 UP

常備菜は美容にいい!サッと作れて日持ちするニンジン常備菜レシピ

LINEで送る
Share on Facebook

carrot3

残業でヘトヘト疲れてお腹はペコペコ、というときに重宝する常備菜。時間に余裕のあるときにまとめて作っておけば、忙しい平日でもさっとご飯の支度ができる優れものです。

おいしさはもちろんのこと、せっかくなら体の内側からキレイになれる常備菜を作りたいですよね。今回は美容効果抜群の「ニンジン」を使った常備菜レシピ2品をご紹介します。

 

食事やお弁当作りの時短になる「常備菜」

Making the stew base...

常備菜とは、比較的日持ちのする食材を使った作り置きできるおかずのこと。あらかじめ作っておくことで、食事の際にはもちろん、お弁当やおつまみを用意する際に役立ちます。

不足しがちな野菜がたっぷり摂取できる、お野菜中心の常備菜を用意しておきたいですね。

 

美肌にアンチエイジング!ニンジンの美容効果

Happy young housewife eating carrot in kitchen

美肌や免疫力アップにつながる「ベータカロテン」が豊富なニンジン。ベータカロテンの語源は、ラテン語でニンジンを意味する「carota」に由来します。

ベータカロテンには体内の酸化を防ぐ働きもあるため、シミやそばかすの原因となるメラニンの発生を抑えることができるのだとか。また、血中における脂質の酸化を抑えることで動脈硬化予防も期待できるのだそう。

ベータカロテンは油と一緒に調理することで吸収率がアップ! 油で炒めても、マリネにしてもOKです。またニンジンにはビタミンCを酸化させる酵素が含まれるため、生のまま食べる際にはビタミンCを含む食材を合わせるのがベター

有機栽培のニンジンなら皮ごと、通常のニンジンは皮をむいてから調理します。今回ご紹介する2品の常備菜で、ニンジンの栄養素をしっかり取り込みましょう!

 

常備菜レシピ1:ニンジンのペペロンチーノ(日持ち2〜3日)

carrot1

Photo by sweetsholic

千切りにしたニンジンをニンニクとオリーブオイルで炒めて、ペペロンチーノ風に。和食にも洋食にも合う優秀おかずです。

作りたてはそのまま、あるいはスクランブルエッグと合わせても。翌日はオリーブオイルと共にスパゲティーに絡めれば、時短のイタリア風ディナーの完成です。

【材料】

EXVオリーブオイル・・・大さじ1

ニンニク・・・1/2かけ

ニンジン・・・3本

一味唐辛子・・・少々

塩・・・適宜

【作り方】

フライパンにスライスしたニンニクとオリーブオイルを入れて弱火にかけます。香りが出てきたら千切りにしたニンジンを加えて中火にして、3〜4分ほどさっと炒めましょう。火を止めたら一味唐辛子、塩で味付けします。

 

常備菜レシピ2:ニンジンとクランベリーのマリネ(日持ち4〜5日)

carrot2

Photo by sweetsholic

ピーラーでするするっとむいたニンジンを、オリーブオイル・レモン・少量のハチミツで和えて、美容成分たっぷりのクランベリーをプラス。洋風料理の付け合わせやお弁当のサラダに。また、ホームパーティーの箸休めの一品やダイエット中の間食にも!

【材料】

EXVオリーブオイル・・・大さじ1

ニンジン・・・2本

ドライクランベリー・・・大さじ2〜3

ハチミツ・・・小さじ2

塩・黒こしょう・・・適宜

【作り方】

ピーラーでニンジンを縦方向にむいていきます。大きめのボウルにすべての材料を入れ、手でざっくり混ぜ合わせれば完成。

今回ご紹介したニンジンの常備菜を作る際には、2品とも同時進行で作ると効率よく作業できますよ。マリネを作る際に残る芯の部分を千切りにして、ペペロンチーノにしちゃいましょう。

「料理に時間はかけたくないけれど、ヘルシーな食事がしたい」というときには、ニンジンの常備菜で決まりですね!

レシピ制作/タイトル写真: sweetsholic

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ