美容

2016.01.15 UP

女性が食べたいおやつ「ナッツ」の賢い選び方・食べ方とは?

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000070973087_Small
お肌の乾燥が気になる今の時期、みなさんはカラダの内側から乾燥対策をしていますか? 保湿ケアだけでなく、食べるものによってもお肌の状態が変わってきますよ。

年末年始の暴飲暴食がたたって、体重は増加、お肌は不調……。わたし自身も、年末年始は外食続きだったため、オリーブオイルで調理した野菜中心の生活に戻すように心がけています。現在は腸のスッキリ感が戻るとともにお肌のテカリもひいて、ひと安心。

普段口にするものから、美容効果を効率よく得られたら最高ですよね。ということで、今回は「美容と食材」に関する興味深い調査結果をご紹介します。

 

美容効果があった食材は?

効果のあった食材について

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングが、全国の美容に関心の高い30〜49歳の女性300人を対象に「美容食材」に関する調査を行いました。

その結果、過半数が「美容のために普段の食材選びに気をつけている」と回答。さらに「美容のために摂取したことがあり、美容効果があったと思う食材」について尋ねてみると、1位「トマト」、2位「ナッツ」、3位「アボカド」となりました。優れた美肌効果と生活習慣病予防が期待できる食材が1〜3位を占めていますね。

 

いろんなナッツ

トマトやアボカドの効能についてはご存じの方も多いと思いますが、ナッツとなるといかがでしょう? ナッツには美肌、コレステロール値の低下、アンチエイジング、疲労回復、便秘解消といった効果があるそう。

トマトやアボカドは丸ごと食べるわけにはいかないけれど、ナッツなら持ち歩きできるので、すぐにでも生活に取り入れられそうですね。

 

第1位は・・・マカデミアナッツ!

マカダミアん

さて「美容食材」の調査で第2位にランクインしたナッツ。みなさんは日常的に召し上がっていますか? 良質なタンパク質や脂質を豊富に含み、ビタミンやミネラル、食物繊維が摂取できる食品です。腹持ちもよいため、スリムな欧米女子のなかには「間食といえばナッツ」という人も。

ナッツといっても種類はさまざまです。そこで、美容に関心の高い対象者が「もっとも好きなナッツ」と回答しているマカデミアナッツについて見ていきましょう。

心地よい歯ざわりと、マイルドで上品な味わいが魅力のマカデミアナッツ。原産国のオーストラリアからハワイに渡り、世界中で愛されているナッツです。マカデミアナッツは、体内で酸化しにくい「一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)」の割合がナッツの中でもトップクラス。これはアボカドやオリーブオイルと同じように、良質のオイルがたっぷり含まれているということです。

しかしながら裏を返せば、ナッツ類のなかでは高カロリーだということ。マカデミアナッツは10〜12粒で約200kcal、アーモンドやカシューナッツは同じ量で約160kcalです。ナッツを食べる際には、摂取量に気をつけるようにしたいですね。

 

ANGIE流・マカデミアナッツのおいしい食べ方

ナッツクッキー
マカデミアナッツだけでなくどのナッツにも当てはまることですが、できるだけローストタイプのものを選ぶようにしましょう。薄い塩味がついているものならそのまま食べられますし、無塩のものは粗く砕いてサラダやフルーツヨーグルトにトッピングしても◎。

チョコチップとマカデミアナッツのアメリカンクッキーなど、わたしは製菓材料のひとつとしてマカデミアナッツを取り入れることもあります。しかしながら高カロリーなので、食べる量には気をつけたいものです。

 

女性

トマトやアボカドと並ぶ美容食材として人気の高いマカデミアナッツ。小腹が空いたときはもちろん、料理やお菓子作りの際にも、積極的に取り入れたいですね。

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ