美容

2016.01.09 UP

乳がん予防、生理不順、便秘に効くジャパニーズ・スーパーフード

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000045260850_Small

アサイベリーやチアシード、ココナッツオイルなどなど……これまでさまざまな世界のスーパーフードが多くのメディアで取り上げられてきました。

2016年にぜひとも押さえておきたいのは、メイド・イン・ジャパンのスーパーフード! 枝豆、味噌、納豆に日本酒など、海外セレブが愛用していることでも、その美容効果に対する注目度が高まってきています。

今回は乳がん予防から美肌まで、女子には嬉しい効果が盛りだくさんの日本のスーパーフードについてご紹介します。

 

女性ホルモンを整える!味噌は女子の強い味方

味噌

日本の食卓に頻繁に登場する味噌は、アミノ酸やビタミンなどの栄養分が豊富です。女性ホルモンに似た役割を果たす大豆イソフラボンが含まれているため、生理不順の改善や便秘解消に効果的なんだとか。

さらに厚生労働省の調査によると、味噌汁を一日2杯飲む人で26%、3杯以上飲む人で40%の乳がん発生率減少が確認できたとのこと。

また、味噌には抗酸化作用のあるメラノイジンや、メラニンを抑制する遊離リノール酸が含まれています。顔にそのまま塗ってパックとして使用しても、アンチエイジングやシミ対策に効果が期待できます。

 

ヴィクトリア・ベッカムも注目!枝豆の美肌効果

枝豆

ビールのおつまみとして定番の枝豆には、肌の老化を防ぐ抗酸化作用のあるビタミンCがたっぷり含まれています。シミ・くすみの元になるメラニンを抑制してくれる働きもあるため、アンチエイジング&美白ケアに効果的だそう。

また、肌の新陳代謝を活発にしてくれるオルニチンが含まれており、肌トラブルの改善も期待できます。食物繊維が豊富で腹持ちがいいため、ダイエットのお供としても最強ですよ。

 

アンチエイジング&保湿効果が高い納豆

納豆

納豆のネバネバの正体であるポリグルタミン酸には、ヒアロルン酸以上の保水力があると言われています。そのため納豆を食べると、身体の内側から保湿効果を高めることが可能に!

近年では、ポリグルタミン酸を使ったスキンケアコスメも多く開発されており、乾燥やアンチエイジング対策として期待が高まっています。納豆は枝豆と同じく、ヴィクトリア・ベッカムが美容のために好んで食べているということで、海外でも話題になりました。

 

化粧水などでお馴染み!うるモチ肌になれる日本酒

日本酒

海外のビューティー雑誌「InStyle」でも取り上げられている日本酒。原料に含まれるコウジ酸には、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きが期待できます。モチモチの美肌を目指したい女子は要チェックですよ。

さらに肌の細胞を活性化させる働きもあるそうで、アンチエイジングにも最適。ANGIEの以前の記事でもご紹介した通り、お風呂の入浴剤として日本酒風呂を試してみるのもこの時期おすすめです。血行が良くなり、冷え性も改善できますよ。

 

海外でも、美容通の間でじわじわ注目度が高まっているメイド・イン・ジャパンのスーパーフード。手軽にすぐ取り入れられる食材ばかりなので、ぜひ今日から試してみてください!

【参考】米五のみそ/株式会社タクミ/公益社団法人 神奈川県栄養士会

関連記事

痩せたいならチアシード!簡単混ぜるだけ!チアシードダイエット

Timmy
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ