2016.12.21 UP

セルライトローラーでスリムになるための【全まとめ】

LINEで送る
Share on Facebook

デコボコした見た目が、なんとも醜いセルライト。30歳を過ぎて、ふと気づいたらセルライトが出来ていてビックリ。太ももの後ろが波打っていることに気づいた瞬間の衝撃を、忘れられないという方は少なくないでしょう。体の老化が一気に進んでしまったように感じて、落ち込みますよね。

セルライトは一度できてしまうと、除去が難しいとも言われていますが、丁寧にケアで改善することができます。しかし実際には、知識もないままに間違ったケアを続けて、セルライトを悪化させているケースもあるのだとか。か、悲しすぎる……。

セルライトは除去できないという思い込みは捨てて、セルライトケアを始めませんか。

 

セルライトとは?

セルライトが厄介なのは、脂肪を落とすだけのダイエットでは解消できないこと。実際、痩せている人にもセルライトはできます。医学的にはセルライトという言葉はなく、脂肪と同じ位置づけになっていますが、セルライトには通常の脂肪細胞とは違う要素が関係しています。そして、その違いこそがセルライトが解消しにくい理由になっています。

セルライトの正体は、肥大化した脂肪細胞に老廃物が絡みついて硬くなっている状態です。脂肪は皮下組織の内側にあるので、セルライトが大きく固まってしまうと、皮膚が押し上げられて肌がデコボコと醜い状態になってしまいます。

30代以降にセルライトの悩みが増えるのは、加齢による代謝の低下が関係しています。特に冷えやすい女性は代謝が落ちやすいので要注意。代謝が落ちてリンパや血液の巡りが悪くなると、老廃物が排出されずに体内にとどまりやすくなる上に、年齢と共に脂肪も付きやすくなっているので、脂肪と老廃物が増えた体内はセルライトの温床になってしまうというわけです。

 

セルライトローラーで血行不良・リンパの流れを改善!

セルライトの除去には、血行やリンパの流れを整えて老廃物を排出しやすくすることが重要。そこで、おすすめしたいのがマッサージです。凝り固まったセルライトをリンパの流れに沿ってマッサージすることで、老廃物が排出されてセルライトが解消しやすくなります。

ただし、セルライトを強くマッサージしすぎるのはNG。皮膚を傷つけたり、毛細血管を傷つけて、返って血行不良を招いてしまいます。その結果、セルライトがもっと増えることになったら大変です。

安全で簡単にマッサージできるアイテムとして人気なのが、セルライトローラーです。セルライトローラーは固まったセルライトを柔らかくして、老廃物そ排出するためのサポートしてくれます。肌の上でコロコロ転がすだけなので手軽にケアできる上に、手で行うマッサージよりも均一な力をキープしやすいのもメリット。

セルライトローラーはタイプによって、使い方や価格帯が違うので、まずはどんな種類のセルライトローラーがあるのか見ていきましょう。

 

セルライトローラーのおすすめランキング!

セルライトローラーの種類はとても豊富。お手軽プチプラタイプから高級電動タイプ、棒状タイプなど、さまざまなタイプが揃います。初めて試す時は、どのセルライトトーラーが良いのか迷ってしまうことでしょう。使いやすさや価格に加えて、セルライト除去効果の高さなど、自分の目的にあったセルライトローラーを選ぶことが大切です。

コチラでは、おすすめのセルライトローラーをタイプ別にランキング形式で紹介しちゃいます。

「お手頃価格のセルライトローラー」

元祖セルライトローラーとも言えるのが、こちらのタイプ。片手で使えるコンパクトなデザインで、数百円から数千円前後と比較的価格が安いので気軽に試せるのが魅力です。凹凸のあるローラーや球型のローラーを、肌に直接あてて転がすことでリンパの流れを促進させてセルライトを改善します。むくみの解消にも役立つので、携帯しておくと仕事中にもササっとマッサージできて便利です。

類似品が100円ショップなどでも販売されていますが、効果を実感したいならこちらの3つがおすすめです。利用者のレビューでも、セルライトが自然に消えていたというコメントが多数寄せられている人気の商品なんですよ。

1位:セルローラー:コジット

セルライトローラー コジット

価格:680円

40個の突起がついた直線ローラーに、ハンドルがついたシンプルなタイプ。固めの突起がセルライトを効果的にもみほぐして、解消に導きます。ヒップや太もも、ウエスト、二の腕など、気になる部分のボディケアマッサージに使うことができ、お風呂でも使えるので、毎日の入浴時にケアできるのはもちろん、衣類の上からもマッサージできるので、オフィスでのむくみケアにも便利です。利用者の評価が高く、早い人では1週間でセルライトが無くなったという人も!

コジットからはセルライトケアグッズが他にも販売されていて、ハイパーセルローラーとレッグセルローラーも人気の高い商品です。

ハイパーセルローラー

ハイパーセルローラーは、片側に28個の突起のついたローラーをY字に左右に分けて配置しているので、気になる部分を両サイドから挟み込むようにマッサージすることができます。ヘッド部分が360度回転するので、様々な部分のマッサージが無理なく行えるのがメリット。

レッグセルローラー

一方、レッグセルローラーは脚専用のセルライトローラーです。左右に各40個の突起のついた二股のタイプが、足首から太ももまでをしっかり挟み込んでマッサージするので、脚のセルライトが解消しやすくなります。

2位:セルライトマッサージローラー:RALPH(ラルフ)

セルライトマッサージローラー

価格: 1,380円(アマゾンセール価格)

エステサロンなどで使われているような、高級感のあるデザインが魅力のセルライトローラーです。2つの3D型球体のマッサージローラーが、エステティシャンの動きを再現し、肉を適度に挟み込み老廃物を流してセルライトを改善します。体のどの部分にもフィットしやすく、フェイスマッサージ用としても利用することができます。

さらにメイクの上からも使えるので、お化粧直しのついでにマッサージできるのもポイント。防水加工が施されているので、入浴中も使用可能です。こちらはラルフローレンのポーチが付属されてきます。

3位:ボディグリップ:エレス

セルライトローラー ボディグリップ

価格:1,500円

シンプルなワントーンカラーで清潔感のあるデザインが特長のセルライトローラーです。持ち手部分はハンドルタイプで、マッサージのローラーは角度がついて肉を適度にはさんで2方向からマッサージします。ローラーの突起は比較的鋭角ですが、ソフトラバー製なので肌に負担が少ないのも魅力。

利用者のレビューを見ると、プラスチック製の固めのローラーに苦手意識がある人から選ばれていることがわかります。ソフトラバーがしっかり肉をつかみ、マッサージ効果を実感しやすい点も評価されています。ローラー部分が取り外せるので、お手入れしやすく衛生的に使えるのも◎。

 

「電動タイプのセルライトローラー」

電動タイプと一口にいっても、自動回転するローラーでセルライトをマッサージするタイプや、マイクロカレントやEMSなどの電流刺激を利用したタイプなど、種類は様々です。手動タイプに比べて価格が高額なのはネックですが、その分マッサージ効果を高める機能が搭載されているので、効果を実感しやすいのがメリットです。

その分、目的に合わせた商品選びが重要になるのも事実。人気の3商品について紹介します。

1位:リファプロ:ReFa

セルライトローラー リファプロ

価格:25,704円

エイジングケア美顔器の中でも抜群の知名度を誇り、有名人のファンも多いリファのフェイス&ボディ用ローラーです。電源から充電するタイプではなく、ハンドル部のソーラーパネルから光を取り込んで、微弱電流マイクロカレントを発生させるユニークな構造が特長です。

左右に配置された筒形のローラーは安定感があり、角度はもっともマッサージ効果が高いとされる131.8度のV字を採用し、ボディの肉を適度に挟み込んでマッサージしながらセルライトを改善していきます。ローラー部分はプラチナムコートを施してあり、デリケートな肌に対応しているのもポイント。

防水加工が施されているので、入浴中も使用できます。

リファプロの口コミ

「正直、本当に効果があるのか半信半疑でしたが、使ってみてびっくり! 特にびっくりしたのが 首の後ろにできたポッコリとした脂肪の塊が数分でやわらかくなった事です。今までいろんなマッサージをしてきたのですが 場所が場所だけにあまり強くマッサージする事が出来ず困っていたのですが こんなに簡単に柔らかくなるとは。顔も軽くコロコロするだけで 強張りが取れました。」

「半信半疑で購入しましたが、使って驚き。まず、楽しい。コロコロといろんな所を転がします。フェイスラインはすっきり。ふくらはぎもむくみが取れます。ありとあらゆるところを転がしています。効き目と楽しさが結果につながるお買い得品でした。」

引用:Amazon

2位:アセチノメガシェイプ:ヤーマン

セルライトローラー アセチノメガシェイプ

価格:14,800円

エステティシャンのハンドケアを再現して設計された3D立体の回転する電動ローラーが、気になる部分の肉を強力にもみほぐします。突起のついたローラーを8個も搭載して、1分間に約49,000回も高速回転させて脂肪分解をサポートします。

ACコードで充電するタイプで、防水仕様により入浴中の使用も可能です。ボディ用のアタッチメントの他に、よりパワフルな刺激でトリートメントできるクラッセルアタッチメントもついてきます。脂肪のつきやすいお腹や太ももヒップなどのケアには、よりパワフルなクラッセルアタッチメントを、二の腕や肩のケアにはボディ用アタッチメントを使ったケアが推奨されています。

アセチノスマートの口コミ

「筋肉だと思ってた太ももの裏側がデコボコして、びっくり! ショックでしたね。『アセチノメガシェイプ』をお風呂に入っているときや、お風呂上りに特に脚中心に使っていくにしたがって、固かった脚のお肉がだんだん柔らかくなって、デコボコもキレイになりました。」

「『アセチノメガシェイプ』は主にお風呂で使っていました。温まりながら使うと、いつもより効いている気がします。3週間たったとき、前はお肉が乗ってしまったパンツがキレイにはけたんです。」

引用:ya-man

ボディカル:健康コーポレーション

セルライトローラー ボディカル

価格:26,000円

4つの強力ローラーが肉をパワフルに揉みほぐし、電気刺激EMS機能で内側の筋肉を鍛えることもできる電動セルライトローラーです。EMS機能を使う場合は専用のローションを使うことで、安全に効率よくマッサージができます。気になる部分を1日5分程度マッサージすることで、モデルのような美脚を目指せます。

高価な電動セルライトローラーは試すのにも勇気がいりますが、3回定期コースなら初回限定で本体が980円で購入できる上に、30日間の全額返金保証がついているので、気軽に試せるのがメリット。防水仕様ではないので、入浴後にケアするのがおすすめ。

ボディカルの口コミ

「あれ、いい感じだな」これが、ボディカルを初めて使った時の第一印象でした。長い時は20分くらい使っていましたが、ベッドの中など場所を選ばす、何かをしながらできるのがいいですね。ローションもジェル特有の冷たさなどもないのでとても気に入っています。色々なEMS商品を使ったことがありますが、ボディカルはこの大きさでこれだけのパワーがあるのかと驚きました。」

「半信半疑で続けましたが1ヶ月やって明らかに足が細くなりました。3ヶ月突入で友達や親にも、足が細くなったと言われました。足はなかなか痩せませんが、1箇所重点的にやるとコロコロするより効果が早くあらわれました。現在、ひっついてた太ももも隙間ができるようになりました。」

 引用:Bodical

「棒状のセルライトローラー」

棒状のセルライトローラーは、すりこぎ状の棒を両手で持って使うタイプのセルライトローラーです。手動でマッサージをする点では、ハンドルタイプと同じですが、両手を使うことで気になる部分に圧を均一にかけやすいのがメリット。さらに、圧をかける部分の面積も広いので、一度に広い範囲のマッサージができます。太ももやお尻などの肉も一気に揉みほぐせるので、効率良くケアができますよ。一人で行う場合はもちろん、誰かをマッサージする時も使いやすい設計なので、パートナーとマッサージし合うのもおすすめです。

1位:セルプッチ:プロイデア

セルライトローラー セルプッチ

価格:5,981円

セルプッチはアメリカ発の先端メソッドマイオファッシャル・リリースのの技術を元に、日本人向けに考案された棒状のセルライトローラーです。ダイエットカウンセラーの大西ひとみ先生が監修しており、動きが悪くなった筋肉を1日10分間マッサージすることで、効率的な部分痩せを目指します。ローラー部分はなめらかな傾斜で中央が丸く膨らんでいるのが特徴です。傾斜部を使って広い部分をほぐし、中央の丸い部分では気になる部分を集中的にマッサージすることができます。片手で持てば首や肩のマッサージもできるので、リンパの流れを整えたり、肩こりの解消にも役立ちます。

セルプッチの口コミ

「TVで紹介されていたので一度試して見ようと思い購入しました。テレビやDVDを見ながらコロコロしていました。このコロコロ感はクセになります。使っていると段々ふくらはぎや太ももの脂肪が少なくなってきたように思います。」

「カラダのこわばった部分をセルプッチでコロコロしてほぐしてみました。その後TVでやっていたように前屈をするとびっくりするくらい柔らかく。やっぱり筋肉のこわばりは怖いなあと思いました。しばらく続けていきます。」

「内股の筋肉が固くなっていて股割りもほとんどできませんでした。セルプッチで1日10分程度内股にコロコロしておよそ1週間ほどたったころ、筋肉が緩んだようでしっかり開脚ができるようになりました。驚きです。」

引用:セルプッチ口コミは?

2位:ほぐしローラー:東急スポーツオアシス

セルライト ほぐしローラー

価格:1,980円

ほぐしローラーは、大きさの違う12個のローラーを芯の棒に装着して使用するセルライトローラーです。ローラー部分には突起がついていて、取り外しができるので、マッサージする部分に合わせてローラーを組み替えることができます。山形のアーチを作ると背中や足腰などをピンポイントで刺激ができ、逆に中央を谷型にくぼませると、ふくらはぎや太ももにピッタリな形状に。ローラーを取り外して手で握れば手のひらをマッサージにも。また軸の部分の先端がとがっているので、ツボ押しにも最適です。ローラー部分のカラーがオレンジ、グリーン、ネイビーから選べるところや、フィットネスクラブが監修して開発されている点などもポイントです。

ほぐしローラーの口コミ

「とても良いです。他のローラー型よりも効果があると感じます。力を入れた時にも、芯の棒かある程度しなって丁度よいです。また筋肉の曲面に沿ってローラーを当てれるので、とても効率よくマッサージできます。これより良いものが今の所無いです。」

「運動が終わった後に 脹脛が疲労でカチカチに溜まって 時々痛みの元になっていたので その解消目的で購入しました。使い始めは 慣れずに痛かったのですが、徐々に使い慣れと共に 痛みが取れるようになりました。」

「むくんだふくらはぎをゴロゴロさせると血行がよくなってスッキリします。」

引用:Amazon

 

amazonや楽天で人気のあるセルライト除去アイテム

インターネットショップ大手のamazonと楽天でも、セルライト除去アイテムが販売されています。これらのサイトで人気の高い3アイテムをご紹介します。

「セルフラット」

セルライト 吸引

価格: 2,592円
セルフラットは欧米で人気のシリコンカッピングでセルライト除去する商品です。2個のシリコンカップをセルライトが気になる部分に吸着させてケアします。

「解毒棒」

セルライト 解毒棒

価格:1,490円
カリスマ足ツボ師Mattyの手のカーブを再現した開発されたマッサージ棒に解説書がついたお得なセットです。

「Alen(アレン)」

セルライトローラー アレン

価格:1,480円

7個の金属ボールが装着されたバンドを3本指にはめて、気になる部分をケアします。レビューの高評価に「気持ちいい」のコメントが多いのも特長です。

 

【部位別】セルライトローラーの使い方と使用頻度

誰でも手軽で簡単にセルライト除去ケアができることで人気のセルライトローラーですが、正しく使ってこそ効果を実感しやすくなります。基本中の基本として覚えておきたいのが、ローラーを往復させないこと! セルライトケアのポイントは、脂肪に絡みついた老廃物を流すことなので、リンパ線に沿ってマッサージをすることが重要です。ローラーを往復させてしまうと、老廃物も行ったり来たりするので効果が半減していまうことに。

体の部位による使い方のポイントについて解説します。

「顔」

小顔を目指すなら、セルライトローラーでリンパマッサージをするのがおすすめです。特に耳の後ろから鎖骨にかけてはリンパ節が集中する部分なので、リンパマッサージで老廃物を流すことで顔がスッキリして小顔効果が期待できます。まずは、指の腹で耳の後ろのリンパ節をやさしくほぐしておきましょう。セルライトローラーを耳の後ろにあてて、鎖骨に向かって上から下へローラーを動かします。鎖骨を中指と人差し指ではさみ肩先に向かって滑らせて、わきの下のリンパ節を押し込むようにマッサージします。顔の周辺は肌がデリケートなので、くれぐれも力を入れすぎないように注意しましょう。マッサージ用のクリームやオイルをつけて、滑りを良くしてから行うとより安心です。

「背中」

背中はマッサージがしにくい部分なので、できれば誰かの手を借りるのがベスト。背中の中心部から外側に向かってセルライトローラーを転がすように、片側ずつマッサージします。セルライトローラーでマッサージした後は、わきの下のリンパ節を押し込むようにマッサージして老廃物を流し切りましょう。一人で行う場合は、無理な姿勢が筋肉や筋を痛めてしまうことにつながるので、手の届く範囲で行うことが大切です。背中部分のセルライトは下着の締め付けも関係しているので、マッサージをするときはできるだけ下着はつけずに行うようにしましょう。

「お腹回りと腰回り」

お腹や腰回りは脂肪が元々つきやすいので、セルライトもできやすい部分です。脂肪が多いと冷えやすくリンパの流れも停滞しやすいので、まずは入浴して体を温めてからマッサージを行いましょう。お腹はへそを中心にして、外側にセルライトローラーを転がすようにマッサージします。腰の周囲は、背骨を中心に外側に向かってマッサージします。最後は太ももの付け根のそけい部のリンパ節を押し込むようにして老廃物を流します。日ごろから腹部を温めることで、セルライトがつきにくくなるだけでなく、内臓の働きも整いやすくなるので、腹巻きをしたり使い捨てカイロなどで温めるのもおすすめです。

「二の腕」

30代になると、急に肉がついて気になってくるのが二の腕です。特に二の腕の後ろ側は普段あまり目にしないので、気づいた時にはブヨブヨでノースリーブの似合わない腕になってしまっているなんて悲劇も……。ブヨブヨの原因にはセルライトも関係しているので、セルライトローラーでマッサージしてスッキリした二の腕を目指しましょう。腕の周辺には、肘の内側とわきの下にリンパ節があるので、肘から下は肘の内側のリンパ節に、肘から上はわきの下のリンパ節に向かってマッサージをします。手首から肘、肘から二の腕にに向かってセルライトローラーを動かして、肘の内側とわきの下のリンパ節をそれぞれ押し込むようにマッサージしましょう。腕の後ろ側も同様に、手先から上に向かってセルライトローラーでマッサージします。腕はお腹や太ももなどに比べると脂肪が多くはないので、セルライトローラーを使う時は力を入れすぎないように注意しましょう。強くマッサージしすぎると、肌を傷つけたり、青あざができたりすることがあります。

「太股・ふくらはぎ・おしり」

下半身は血行が停滞して冷えやすいので、セルライトの温床になりやすい部分です。実際、セルライトが一番できやすいので、下半身のセルライトをまずは改善したい人は多いのでは? セルライトができると下半身が太く見えてしまうので、セルライトを除去することは下半身ダイエットにもおすすめです。下半身のリンパ節は、足首の後ろと膝の裏、脚のつけ根のそけい部の3か所にあるので、この3つのリンパ節向かって、下から上にマッサージするのが基本です。足首から膝、膝から太ももに向かってセルライトローラーを動かして、最後はリンパ節を押し込むようにマッサージしましょう。お尻はセルライトローラーで内側から外側に向かって、肉を持ち上げるようにマッサージして、最後にそけい部のリンパ節を押し込んで老廃物を流します。マッサージでセルライトがなくなると、脚が一回り細くなることもあるので、根気よくマッサージを続けましょう。

 

【ANGIE編集部のおすすめ!】セルライトローラーの効果的な使い方

憎っきセルライトを1日も早く改善したい! セルライトローラーの効果をより高めるためには、日ごろの習慣や、セルライトローラーを使う前の準備など、ちょっとしたポイントを意識することが大切です。

セルライトの解消でポイントになるのが、体を温めること。冷えはセルライトを悪化させる要因になるので、冷えを解消することで、セルライトが解消しやすくなります。おすすめの習慣をご紹介します。

「白湯を飲む」

水や氷入りの冷たい飲料は、当然ながら体を内側から冷やす原因になります。日ごろから、温かい飲み物を摂る習慣をつけましょう。

「湯船につかる」

入浴で体をしっかり温めることで、血行が促進して代謝が高まりやすくなります。

「適度な運動やストレッチ」

下半身は血行が悪くなりやすいので、ストレッチで血行を促進させることが大切です。

「オイルやクリームをつける」

セルライトローラーを使う前に、オイルやクリームをつけることで肌の滑りがよくなり、肌への負担を少なくすることができます。

 

こうした少しの意識でも、続けることで効果に差が生まれるので、セルライトローラーでマッサージする前の習慣に加えてみてくださいね。

 

効果が出にくい間違った使い方

早くセルライトを除去したいからと闇雲に試しても、使い方を間違えたままでは効果が半減してしまします。次のようなケアは、セルライト除去につながりにくいので注意しましょう。

「セルライトをつぶす」

セルライトを力いっぱいつぶすようにマッサージするのはNG。毛細血管を傷つけて内出血を起こしてしまいます。特に皮膚が薄くデリケートな顔の周辺は、強すぎるマッサージは肌にダメージを与えるので、絶対にやめましょう。

「ダイエット」

セルライトは脂肪と老廃物が結びついてできているので、ダイエットで脂肪を落とすだけでは除去できません。特に食事制限を伴うようなダイエットは、体の代謝を下げて、むしろセルライトができやすい体を作ることになるので要注意。

「セルライトローラーを往復させる」

「【部位別】セルライトローラーの使い方と使用頻度」でも説明しましたが、セルライトローラーを往復させて使うのはやめましょう。せっかくリンパに沿って流れてようとしていた老廃物が、ローラーを往復させることで、引き戻されてしまいます。セルライトローラーは必ずリンパ節に向かって、一方向に動かすようにしましょう。

 

セルライトローラーに関するQ&A

セルライトローラーなんて転がすだけでしょと思って使い始めてみたものの、実際に使ってみると疑問もわいてくるものです。この使い方で大丈夫なのかと、不安を感じながら使うのは、気分はよくないですよね。そこでセルライトローラーの使い方でありがちな、3つの疑問について解説しちゃいます。

Q1.「使用中はすごく痛いけど、これって効果がある証拠?」

A1.No。

痛い=効果が高い、と思われがちですが、これは間違い。リンパの流れは皮膚をなでるだけでも促進させるので、力強いマッサージは必要ありません。痛みを感じるほどに力を入れてマッサージしても、細胞を痛めてしまうだけなのでやめましょう。

Q2.「あざや内出血ができるんだけど、これって大丈夫?」

A2.No。

あざができるのは、力を入れすぎている証拠。毛細血管が切れて内出血をおこしています。Q1と同じく、力を入れたからといってセルライトが除去しやすくなるわけではありません。また、セルライトローラーを使い始めたばかりの時は、軽い力でもあざになりやすいので、マッサージ前に入浴などで血行を高めて、足裏や足首など先端からマッサージを始めると良いでしょう。

Q3.「セルライトローラーでも効果がでないことってある?」

A3.Yes。

セルライトには、脂肪型、むくみ型、繊維型、筋肉型の4つのタイプがあり、セルライトローラーで除去しやすいのは脂肪型とむくみ型です。繊維型と筋肉型は肉が硬くなってセルライトも頑固なので改善には時間がかかります。根気よくマッサージを続けて、状態によってはエステなどでプロのサポートを借りるのがおすすめ。

 

固くなりすぎたセルライトはエステやクリニックで処置を!

セルライトは放置するほどひどくなり、除去が難しくなります。中でも厄介なのが、繊維型と筋肉型と呼ばれるセルライト。

繊維型セルライトは、肉をひねらなくても見た目がデコボコしているセルライトで、長期間セルライトを放置したことが原因で悪化している状態です。一方、筋肉型セルライトは以前はスポーツをして筋肉があった人に多い症状です。硬くなった筋肉の上に、運動不足によってついてしまった皮下脂肪がセルライト化する状態で、セルライトの中ではもっとも除去が難しいと言われています。

この二種類のセルライトは、セルライトローラーで自宅ケアするだけでは除去が難しいのが現実です。除去するためには、エンダモロジーなどのエステやクリニックで行う専門的な機械やプロの処置がもっとも効果的です。

まずは、自分のセルライトがどの種類にあたるのか、確認してみることをおすすめします。

 

自宅やオフィスでのちょっとした時間にローラーを有効活用しよう

30代のセルライトは、まだでき始めということが多いので、自宅でのケアで改善する可能性が十分あります。脂肪だけでなく、むくみもセルライトを悪化させるので、自宅やオフィスでむくみが気になった時は、セルライトローラーでマッサージするようにしましょう。

今はまだセルライトが目立たなくても、不規則で冷えやすい生活を続けているうちに、セルライトはどんどん増殖します。病気と同じくセルライトも予防が大切!

気づいた時に慌てないように、さっそくセルライトケアを始めましょう。

 

【関連記事】

セルライトを自宅で除去する凸凹解消法!女性が憧れる理想の脚、第1位は?

アンジー編集部

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ